小児歯科

虫歯の原因ミュータンス菌

shouni_img_1
虫歯菌と言う言葉を聞いたことがある方は多いかと思いますが、実は虫歯菌は2種類あることをご存知でしたか?1つが虫歯を作るミュータンス菌で、もう一つが虫歯を進行させるラクトバチラス菌です。つまり、虫歯を作るミュータンス菌が口内にいなければ虫歯にはならないのです。
そして、ミュータンス菌は生まれたときから口の中にいるわけではありません。周囲の大人の唾液を通じて子供の口の中に住み着くのです。大人が口移しで物を食べ与えたり、キスをしたりすると、子供がミュータンス菌に感染する確率は高くなります。
生まれたばかりの子供はミュータンス菌に対する抵抗力が弱いので、上記のような行動は避けましょう。2歳半ぐらいになると抵抗力ができるので、その時期までは特に気をつけましょう。

お子様の歯磨きチェック

幼少期に歯磨きの習慣が身に付けば、たとえミュータンス菌に感染していても一生涯に渡り歯の病気にかかる可能性を大きく減らすことができます。子供のうちは親御さんがしっかりと仕上げをしつつ、本人にも歯磨きの習慣を身に着けさせるように努めましょう。

生後7~8ヶ月目 乳歯がまだ生えそろっていないので、歯ブラシで磨いても痛がることが多いです。食事の後には湿らせたガーゼで歯や歯肉を軽く拭き取ってあげるといいでしょう。この時期から歯磨きをしてから寝る、という習慣を身につけておくと後で楽になります。
生後1年目 乳歯がある程度生えそろってきたら、歯ブラシを使います。見た目が鮮やかな歯ブラシを手に取らせて、歯磨きは楽しいものだと認識させながら慣らしていくことが大切です。無理やり磨こうとするのは逆効果なので、本人が慣れるのを辛抱強く待ちましょう。
3歳頃 乳歯が概ね生え終わる時期です。この頃になったら、将来を見据えて子供に自分で歯磨きをさせてみましょう。ただし、これはあくまでも将来の歯磨きの習慣を身につけるものであり、仕上げは親が行います。また、やや硬いお菓子を食べさせて顎や歯を鍛えるのも大切です。
6歳頃 この時期は臼歯(きゅうし)と呼ばれる永久歯が生えてきます。永久歯は食べかすが溜まりやすいので、丁寧に磨かせるようにしましょう。この時期になったら自分で歯磨きをさせて、親は最後にチェックする程度にしておいたほうがいいでしょう。
10歳頃 乳歯が永久歯に次々と交換されていく時期です。この時期になると子供の理解力はかなりのものになっています。なぜ歯を磨く必要があるのか、磨かないとどのようなことが起こるのかなどをしっかりと伝えていきます。生えた手の永久歯は組織が貧弱なので、できれば小児歯科でフッ素塗布を受けたほうがいいでしょう。

フッ素塗布で虫歯予防

shouni_img_2
自宅での毎日のブラッシングは非常に大切なものですが、家庭内のブラッシングだけでは歯の病気を完全に防ぐことはできません。どうしても自分の気付かない磨き残しが出てしまうからです。虫歯をより効率的に防ぐには、フッ素塗布がおすすめです。
フッ素は酸に対する抵抗力が非常に強く、歯の再石灰化(虫歯になりかかっている部分を修復する現象)を促し、虫歯菌その物の動きを弱める効果もあります。年に数回行えばより効率的に虫歯を防げます。

シーラント

shouni_img_3
シーラントは奥歯のかみ合わせの部分にプラスチックやセメントを埋め込んで虫歯を予防する方法です。歯は複雑な形状をしており小さな溝もたくさんあるため、ブラッシングの毛先が当たらずに虫歯になってしまうことがあります。シーラントはこのような事態を防ぐために、予め溝を埋めてしまう治療法です。生えたての永久歯に対して行うと特に高い効果が期待できます。