ホワイトニング

歯をホワイトニングするには、歯の表面を薬剤を用いて白く見えるように変化させます。そのメカニズムとして現在では2つのことが解明されています。一つは、ホワイトニング剤を使用して歯の表面の着色物を白く漂白させるというメカニズム。もう一つはホワイトニング剤を使用して歯の表面構造を変化させる、というメカニズムです。ホワイトニング剤というのは過酸化水素や過酸化尿素を主成分とした薬剤です。この薬剤を塗布することで、歯の表面の着色物を無色透明に分解し、さらに歯の表面の組織構造を曇りガラスのように変化させることで、歯が白く見えるのです。

当院ではホームホワイトニングを採用しています。

ホワイトニングは大きく分けて2通りあります。一つは、歯科医院でよく行われるのが「オフィスホワイトニング」です。高濃度の薬液を使用し、場合によってはレーザーを用いてホワイトニングする方法です。この方法は短期間でホワイトニングができるというメリットもありますが、短期間で色が後戻りしやすいというデメリットがあります。また、1回で希望の白さを得られない場合、納得いくまで通院しなければなりませんし、真っ白の歯を希望する場合はオフィスホワイトニングでは限界があります。
一方、もう一つのホワイトニングである「ホームホワイトニング」は、ご自宅で気軽にホワイトニングを行う方法です。医院にて患者様専用のマウスピースを作成し、そのマウスピースに歯を白くする効果のあるジェルを流し込み装着していただきます。ホームホワイトニングは自分次第で納得のいくまで歯を白くすることができます。当院ではこのホームホワイトニングを推奨しております。

ホワイトニングで一石三鳥

1.歯が白くなる
2.過酸化水素の効果により歯肉周辺が除菌される
3.ホワイトニング中、ハイドロキシアパタイト配合の歯磨き粉(リナメル)を使って歯質強化

〈リナメル(ハイドロキシアパタイト配合)〉

当院では、ホワイトニング中の歯質強化にリナメルという歯磨き粉を推奨しています。
普段からリナメルを使っていただいても歯の表面がツヤっとしてくるのですが、ホワイトニング中の少しカルシウムの溶け出した歯にすかさずリナメルを持ってくることで、速やかに普段より多くのハイドロキシアパタイトが吸収され強くなります。

ホームホワイトニングの流れ

ご自宅でのホワイトニングは1日1回、1〜2時間から始めて、長時間が可能ならば夜間、ホワイトニングジェルをつけたカスタムトレー(マウストレー)を装着します。確実な効果を得るために2週間は毎日装着しましょう。