審美歯科

審美歯科治療は、歯が痛くなって受ける虫歯治療や歯周病などとは少し異なります。虫歯治療、歯周病治療はもちろん大切なことですが、当院では、カウンセリングの際、実際に患者様のお口に入るものを作る技術者が作った作品をご覧いただき、患者様が素敵な笑顔でいただくために様々なご提案をさせていただいております。
「むかし治療した虫歯治療の銀歯が気になる・・・」こんなことを思ったことはありませんか?
当院では、そんな悩みをもった患者様に審美歯科治療を駆使して、すばらしい笑顔へ変えて行くお手伝いさせていただきます。また、歯そのものの美しさだけではなく、本来の健康な美しい笑顔を取り戻すための審美歯科だと当院は思っております。

審美歯科の治療メニュー

硬質レジン前装冠という白い被せものは前歯部(一番真ん中の歯から犬歯まで)まで保険治療が適応されます。硬質レジン前装冠は、金属の被せものの表面にプラスチックを貼付けたもので、時間が経つと変色してしまう欠点があり、自然の歯の色調に合うことはあまり期待できません。
そこで審美歯科治療では、優れた材料を使用して、自然で美しい歯を再現し、患者さまのすてきな笑顔を作るお手伝いをすることを可能にしています。

ジルコニアクラウン

人工ダイヤモンドともいわれるジルコニアに色調や質感を出すセラミックを盛り付けたかぶせ物です。内部の色を遮蔽することができ、高い強度を持った最上級の素材を使用したかぶせ物です。

オールセラミッククラウン

素材全体が全てセラミック(陶器)で出来ています。金属を使用していないため透明感があり、色調も自然の歯に一番近い色を再現しています。また、時間が経っても色がくすんだり、歯肉が黒ずんだりもほとんどありません。前歯など、最も審美性に気を使う箇所に最適な素材です。金属アレルギーの方も安心して使用することができます。

メタルボンド(陶材焼付鋳造冠)

現在、一般的に製作されているセラミックのさし歯と言ったら、このタイプになります。金属で芯を作りセラミックを張り合わせた構造になっています。自然の歯に近い色や形をしていますが、芯が金属で出来ているため自然な歯の透明感はありません。また、時間が経つと金属が露出して歯肉との境目が黒く見える可能性があります。

ハイブリッドセラミッククラウン

セラミック(陶器)とプラスチックの混合物です。色調などはセラミックとプラスチックのちょうど中間位です。ただし硬さは自然の歯に近く、周りの自然の歯と一緒に摩耗していきます。奥歯には適した素材です。

ラミネートベニア

歯の表面のみに虫歯が広範囲に広がっていた場合や、歯の漂白(ホワイトニング)のみでは取れない着色などがある場合に歯の表面(見える部分)のみをごく薄く削り、セラミックのシェルを貼付けます。付け爪のようなイメージです。