《患者さんからのお声》

[2013年05月18日]

先日はじめて来られた患者さんから、メールをいただきました。


その方は、若くてお綺麗な方なのですが、歯にお悩みがあり、

いくつかの歯科医院に行かれたけれど、

なかなか総合的に歯を診て、綺麗にしてくれる歯科医師に巡り合えなかったとのこと汗


ようやくわかってくれる歯科医師に出会えて、とても嬉しかった、という内容で、

私こそ本当に嬉しく有難い思いをさせていただきましたドキドキ

 

ですが、有難い反面、歯科医師の功罪、一人ひとりの患者さんに与える影響の大きさを感じ、

身につまされるものがありました。。


お薬を出したり検査をするだけではなく、歯科医師は実際に歯を動かしたり、形を変えたり、抜いたり、かなり能動的な治療を日々行っています。


そのことが積もり積もって後になって大きな結果を生むことがあります。

もちろん、いい結果もありますし、わるい結果もあったりします。

(そもそも良い悪いの基準は?、という話にもなりますが、まあ一般的に。)


どんな科でもそうなんですが、良かれと思って治療をしたことが裏目に出たり、
結果的に患者さんの思いと違ってしまったりすることがままあります。


人間のからだはよくできていますが、いつも思い通り、予想通りの結果が出てくれるわけではなく、患者さんにも状況や治療内容をよくご理解・ご協力いただくことが大事だと折にふれて実感いたします。

ある程度診療時間に限りがある以上、時間内に100%ご理解いただくのは本当に難しいものですあせる

ですが、これからもできる限り患者さんとお話をして、情報を共有した上で治療を進めていきたいと思いますので、疑問に思ったことやわからないことはご遠慮なくおっしゃってくださいねアップ

神戸 三宮・元町の歯科医院 めぐみデンタルクリニック アンチエイジング・ラボ